オーバードーズその後ですの。5

DATA: 2020年1月27日月曜日

「くさい」

 

わたしはお手軽に快楽を得られるものの、

コスパ的にも効きめ的にもハーブに劣るパウダーをやめ、

当時、溢れるほどネット上に存在した合ドラショップから通販し、

ハーブ一辺倒で、吸って吸って吸っては吐いてを繰り返した。

ハーブのそれは、クサと同じように独特な匂いが残るし、パイプにヤニのようなモノもつく。

一日1袋ペースでハーブを吸っていたわたしに、

彼氏は「くさい」匂いと何かを感じたようだった。

 

「よーちゃん、なんかやってる?」

どう言い訳したらよいのか絶句して、

間をおいてわたしは言った。

 

「ごめんね、合法ドラックをやってる、ダメかな?」

 

ここでニアミスとでも言うのだろうか。

彼氏は北海道のド田舎出身だった。

どこにでも大麻は生え、当然自分も回りもそれをキメたことがあったようで、

クサには妙に理解があることを初めて知った。

 

「周りはみんなやってる。ただ、俺は理性が飛ぶ感覚に耐えられないからしない」

 

そう言った彼氏がせめてものカラダを気遣ってくれる行為なのか、

どこぞのショップから、水パイプを買ってきてくれた。

 

「わあ! なんか澄んでる!」

 

初めてキメた水パイプのハーブは、

彼氏から「くさい」と言われたそれを浄化してくれ、

上等なクサを吸っている感覚になった。

そこからわたしは、ハーブにズブズブにハマッた。

だって、合法で彼氏も認めて自分も気持ちよくなれるモノなんだもの。

 

何か月、何年、それは日時感覚がおかしくなっているから覚えていない。

わたしはいつものように、赤いベットの上でソレを吸っている瞬間、

突然、わたしのベットに手榴弾が投げ込まれた。

 

「あ!」

 

精神病棟入院時に、ルパン三世の次元に拳銃を向けられ打たれたことはある。

その時と同じリアル感で、突然ベットに手榴弾が投げ込まれたのだ。

一発、投げ返したら大丈夫だとテレビで言ってたから

反射的にそれを投げ返した。

だが、二発目三発目もが投げ込まれる。

わたしはベットから少し半れたテーブルに思い切りジャンプした。

死ぬから。

テーブルで頭を打った。

流血したようだった。

でも、そんなこと命に代えたらどうでもよかった。

暴発する感じはなかった。

その後すぐに、家角部屋からの窓が真っ赤な閃光に染まった。

原爆が落ちた。

 

 

CATEGORY: 未分類

オーバードーズその後ですの。4

DATA: 2020年1月20日月曜日

「クサと一緒でええねんな」

売人と会った後、友人と酒を飲み、渋谷帰りの泥酔の翌日昼過ぎ。

わたしはハーブを家にあったパイプに詰め、100円ライターで上から炙った。

煙を肺に循環させるようにぐるりと巡らし、呼吸の限界値まで溜めて吐く。

 

「これが、合法!?」

 

一服目から、快楽はやってきた。

とても合法だとは思えない、それほど強い快楽だった。

味は苦かったように思う。

だがクサだって、独特の臭みと苦みがある。

「あー………」

カラダはダランと弛緩し、口の端からヨダレを垂らす。

「気持ちいい……」

その快楽を何度も求め、幾度もハーブを炙っては吸う。

 

クサを吸うと、食べ物や飲み物が非常に美味しく感じる。

複数でクサを楽しんでいた時、

ただのミネラルウォーターを飲んで「奇跡の水や!」と叫んだり、

ただのサラダを食べながら、「農家の人たちよありがとう!」

と、その旨さに農家をしのんで涙を流したこともある。

とりわけクサを吸うと甘いものが美味しくなるわたしは、

コンビニで買っておいたシュークリームを食べてみることにした。

 

「こっちは普通だなあ」

 

合ドラに、食べ物が美味しく感じられる効果はないようだ。

だが気持ちいい。

クサに負けず劣らず気持ちいい。

皮膚感覚も敏感になっている。

 

何度煙を吸って吐いてまたハーブを詰めての行為を繰り返しただろうか。

覚えていないがわたしはベットに寝ころび、知らぬ間に眠ってしまっていた。

起きたらもう夕方だった。

心地よい眠りだった。

 

「あー、気持ちよかったなあ」

ハーブの快感はもうすっかり抜けていた。

だが、感覚は残る。

わたしは間髪をいれず、今度はパウダーを吸ってみることにした。

 

タバコの先に白い粉をチョンチョンとまぶし、昨日のように煙を吸う。

 

「わ、なんだこれ?」

 

昨日試したパウダーとはまた種類が違ったようで、

視覚はカクカクと切り替わらないし、

ただ朝一のタバコを吸って、煙を吐くのを限界までガマンしたような、

それの何重倍もの悦楽がある。

 

「スゲー……」

 

タバコにチョチョイとまぶすだけ。

なんてお手軽で、なんて気持ちよいのだ!

難点を一つだけあげるとすれば、気持ちがよくて吸いすぎるわりに、

容量がとても少なく、どんどんパウダーが目減りしていく。

しかしそんなもの、シャブのほうが何倍も高くつくから、

あまり問題はないように思えた。

 

結局、昼から彼氏が仕事から帰ってくる夜中近くまで、

延々とハーブとパウダーを楽しみ続けた。

 

彼氏には、合ドラを買ったことは言わなかった。

何だか悪いことをしているようで、とても伝えずらかったのだ。

売人と会ってレンタルルームに行ったことの罪悪感もあるし、

なるべくなら黙っていたかった。

 

「今日は家に来なければいいのにな……」

 

彼氏が家に帰ってこなかったら、

朝までもしくは眠くなるまで、延々と合ドラをキメていただろう。

彼氏がやってくる嬉しさよりも、合ドラの快感をずっと味わっていたかったのだ。

 

仕事から帰ってきた彼氏が言う。

「眠いの? なんか、ボーッとしてるけど」

まだ合ドラの効果が若干効果が残っていたのだろう。

「うん、眠いから今日は早めに寝るーーー」

まだ合ドラを吸いたい気持ちをガマンし、その日は眠りについた。

 

翌日昼、彼氏が仕事に行ったのを見計らって、

早速、わたしは合ドラを吸い始める。

 

これが、合ドラとの長いお付き合いの始まりだった。

ここからわたしは合ドラが危険ドラックと呼ばれるようになり、

ネットでも売人からもそれを入手することができなくなるまで、

一日も欠かさず合ドラを吸い続けることになる。

心身ともに、自分が廃人化していくことも知らず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CATEGORY: 未分類

オーバードーズその後ですの。3

DATA: 2020年1月14日火曜日

リタリンを病院で入手できなくなった。

その時、ふと思いついたのが、

「病院がダメなら個人で入手すればいいじゃん!」ということだった。

 

時はmixi全盛期。

わたしのリタリン依存を知ってかmixiのDMには、

様々な売人からリタリンやドラッグを買わないか、

そういう内容のDMが届いていた。

「リタリンを売ってもらいたいのですが」

連絡のあった売人にかたっぱしからコンタクトをとった。

愕然とした。

 

ナルコレプシー以外にリタリンを処方されなくなった今、

売人のほうでもリタリンを入手できず、

「現在、売ることはできない」の返信ばかりだったのだ。

焦りに焦ったその時浮かんだ答えは、

「ならば、合法ドラック(※危険ドラッグ、当時は合法)を試そう」であった。

 

大麻やシャブやマジックマッシュルームなど違法ドラッグの経験はあった。

特に、大麻には縁があり、よく嗜んでいたので、

合法ドラックを試すことに、少しもためらいはなかった。

 

「すいません、DMをいただいていたものなんですが」

すると、一発目から「あります」との手ごたえがあり、

初心者だと伝えると、一度試してみますかと、

その翌日にはもう渋谷で待ち合わせすることになった。

 

翌日、指定された場所へ行くと、

背が高くとても痩せて目がギョロリと落ちくぼんだ、不健康そうな男がいた。

「行きますか」

どこへ行くのかは分からない、ただサッサと足早に歩く男の後を追う。

待ち合わせ場所から10分もかからないその場所は、

薄暗く妙な雰囲気のある、レンタルルームだった。

男はフロントに向かい、何を話しているのか分からないが、

かなり慣れたような風に手続きをしていた。

 

「こっちです」

男がドアノブを右へ回すと、店内よりももっと照明が薄暗く、

シングルベットがただ一つだけ置かれた狭い空間が現れる。

不安はつのったが、それよりもドラッグへの興味が勝った。

 

男はベットの上に腰掛け、急にタメ口になって、合法ドラッグの説明を始める。

「これはハーブ、クサ(大麻)のようなモノ。クサの経験はある?」

わたしはコクンと無言でうなづく。

「これはパウダー、容子はタバコ吸う? タバコの先につけて吸ったり、炙ったりして楽しむモノ」

わたしはフリーライターだから、どんな時もSNS上でも本名を使う。

とはいえ、突然‘‘容子‘‘呼ばわりされるとは思わなかったが。

「最後に、これがアロマ、30分くらいでキまる」

 

「だってこれはお香だからね、お香なんだから絶対に捕まらない」

わたしが警察などに通報しないようにとのブレーキだろう。

そこから男は、これらがいかに法的に規制されていないか、

それを強く長時間にわたって話し始めた。

 

 

 

「初心者だよね。まずはお試しで吸ってみていいよ」

と言いながら、フロントで買ったのか持参してきたのか分からないが、

缶ビールとアロマをわたしに渡し、わたしはその液体を口へ含む。

無味無臭だったかと思う。

「酒と飲むとよく効くから、ビールもっと飲んでいいよ、チューハイもあるよ」

「カラダが火照りはじめない?」

30分を経過しても、わたしのカラダや脳に全く変化はなかった。

どうやらわたしとアロマとは相性がよくなかったようだ。

 

「パウダーにするかーーー」

ロケット状の小さな容器に白い粉がはいったものを男は出す。

「これはどう使ったらイイんですか?」

「容子、煙草吸うって言ってたよね? 煙草の先に粉をつけて、肺に煙を巡らすように、呼吸の限界まで吸って吐いて」

「あー、クサと同じ感覚ですか?」

「そうそう、煙を体内に回して回して」

 

一発でキた。

 

視覚がカクカクとTV画面が切り替わるように小刻みに場面が変わり、手足に力が入らない。

気持ちいいという感覚はない、ただ視覚がサイケでヤバく、意識が飛びそうだ。

「うわあ……」

思わずそんな声が小さく漏れ、悦楽はないのによだれをたらした。

とてもじゃないが、ベットに腰掛けてなんかいられない。

わたしはただただ、「うわあ」と声を漏らしながら、

耐え切れずベットに倒れこんだ。

 

それを観察するようにジッと座っていた男が、

「俺は容子ちゃんとセックスがしたいなあ~」と言いだし、

わたしのカラダに覆いかぶさってきた。

「ムリです、ムリムリ」

カラダを撫でまわされたが、そんな気分になんてとてもなれない。

 

パウダーを吸ってからどれくらい経ったのだろうか。

まるで時間の感覚がないが、男の動きに抵抗しているうち、

視界のカクカクがスローになってきた。

また、わたしが抵抗しているうち、男もやる気がうせたようで、

わたしのカラダからスッと離れた。

男はいつもこの手を使って、ラリった女をセックスに持ち込んできたのだろう。

 

まだハーブを試していないが、とてもそんな状態ではなく、

わたしはハーブのパケ一袋とパウダーを一つ買って、

ちょうどこの後に遊ぶ約束をしていた友人の元へと向かった。

ハーブもパウダーも、それぞれ5000円だったと記憶する。

友人と会う時、ほとんど醒めた状態だったけど、「酔ってるの?」と一言聞かれた。

 

 

あまり快楽を供わない、合ドラ初体験だった。

だが、わたしはここからわたしは、蟻地獄のような合ドラ本来の快感にどっぷりハマり、

おおよそ丸3年だろうか、廃人のような生活を送ることになる。

地獄の幕開けだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CATEGORY: 未分類

オーバードーズその後ですの。2

DATA: 2020年1月14日火曜日

入院までして断ち切ったリタリン。

しかしわたしは退院して三日後に、

リタリンについて何も知らない個人経営の小さな内科をだまくらかし、

一日16錠分のリタリンを入手してスニッフした。

だが、リタリンにズブズブはまっていたわたしには、

それくらいの量ではまったくこと足らず、

5軒の精神科と1軒の内科、合計6軒の内科をまわり、

大量のリタリンをスニッフするようになった。

 

「リタリンをまるでラムネのように喰う女」

 

入院前にそのような言葉を2ちゃんねるだったかに書き込まれたことがあったが、

それはあながち間違いではない。

トイレに行くのにもスニッフ、シャワーを浴びるのにもスニッフ、

しまいには精神刺激薬であるリタリンなのに、

寝るときにまでリタリンをスニッフしないと、眠ることができなくなった。

 

彼氏には悪いと思った。

だから隠れて吸った。

しかし、時がたつとともに、だんだん罪悪感も薄れていく。

 

退院後、友達カップルが退院祝いに鍋パーティーをしてくれた。

「頑張ったな!」

頑張れてなんかいない。

わたしはその退院祝いの席でさえ、リタリンをスニッフして、

友人カップルを失望させたのだ。

 

しかし、わたしが出演したNNNドキュメントで、

まったく精神薬について知識がないような医者が、

番組内でリタリンのことを「覚醒剤です」と言い切ったことによってなのか、

リタリンが強く問題視されるような風潮が流れはじめた。

 

リタリンを出すこと、それを非常に嫌がる医者は多い。

そんな中、それを出してくれる6軒の医者を見つけたはイイものの、

だまくらかした小さな内科以外、リタリンを出し渋るようになってきた。

 

「簡単にリタリンを処方していたのに今更かよ…」

「お前らがそんな簡単にリタリンを出すから依存したんだろうが…」

 

頼み綱は内科だけ。

しかし、ここでもまた製薬会社のチェックがはいったようで、

「あなたウソをついていたわね」

「ウチではもう出せません、大学病院への紹介状を書くからそこに行って」

そうしてリタリンを入手することができなくなった。

 

リタリンリタリンリタリンリタリン。

アルコール依存症者が酒のことしか考えられなくなるように、

わたしも日々生活のなかで、リタリンのことしか考えられなくなった。

 

どんどん少なくなっていくリタリン。

やわらかめの胃腸薬とミントの結晶を混ぜ砕いてスニッフする疑似行為で、

なんとかリタリンへの欲求を抑えようとしたりもした。

だがリタリンは、そんなもので簡単に欲求を、我慢できる代物ではなかった。

ある日、最後のリタリンをスニッフした。

 

「もう、本当に終わりだ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CATEGORY: 未分類

オーバードーズその後ですの。1

DATA: 2020年1月13日月曜日

もう大好きな人たちを悲しませたくない。

 

リタリンをやめるために精神病院に入院し、退院したわたしが初めてしたことは、

まだ瓶のまま残っているリタリンを、彼氏の目の前でトイレに全部流し捨てることだった。

 

「〇〇、見といてな?」

これ全部売ったら一体いくらの現金に化けるんやろうか?

そんなことも考えながら、わたしは一気にリタリンという合法覚醒剤を、トイレにザーッと流し込んだ。

「な?」

さぞ喜んでくれるだろうと、わたしは彼氏の顔をニッコリ笑顔で覗き込んだ。

みるみるうちに溶けていく、白い小さい錠剤の塊。

全部白く溶けて無くなるのを見守り、トイレのレバーを大にして流した。

 

これで、終わりや。

 

しかし、タバコをやめるのがツラいの数1000倍、吸うことへの欲求は高まる。

「買ってきたよーーーー!!!」

彼氏が、お前コンビニにあるそれ系、全部コンプリートしてきたやろ!

それほど大量のガム、飴、グミ。そして携帯用の酸素ボンベを買ってきてくれた。

「ありがとー! これで乗り切れるわあ!」

気持ちがうれしかった。

心が温まった。

リタリンへの欲求はぶくりとあぶくを上げた。

 

わたしは入院前、ごく家から近くごく小さくごく個人経営の内科で、一日16錠のリタリンを不正に入手していた。

「もうバレてるやろな、、、」

それ覚悟で内科に出向くと、入院前と同じように、瓶入りのリタリンを渡された。

「嘘やろ、、、」

髪の毛が総立ちし、全身の肌が粟立ち、顔面が一気に紅潮するのを感じる。

「嘘やろ嘘やろ嘘やろ」

万引き犯がその場から逃げ去るように、わき目もふらず家まで走った。

 

わたしはリタリンを6錠砕き、一気にスニッフした。

鼻にツーンとした刺激がが走る。

もうダメだ、わたしはリタリンをやめられない。

 

 

CATEGORY: 未分類

我在りですの。

DATA: 2019年12月22日日曜日

何の取柄もないからセックスをする。

CATEGORY: 未分類

死なないですの。

DATA: 2019年12月12日木曜日

わたしが死んだら、

涙を流すでなく、

悲しみの十字架を背負うでなく、

せめて、

せめて、

「お疲れさま」そう、ひとこと言って。

CATEGORY: 未分類

独り言ですの。

DATA: 2019年12月12日木曜日

ここを始めてから何年か。

もう、来年2月14日には46歳です。

長く生きて人生半分終えたところでしょうか。

 

40歳前後頃からカラダは太り始めたし、

40歳を迎えてから本気の病気になり始めた。

 

わたしはいつ死ぬのでしょうか。

死んだわたしにはもう何もかもわかりはしない。

胸が痛いのは残された人間だけど、

喉にしこりが残るのは残された人間だろうけど、

不妊で子どもがいないのは幸いか。

そう思う。

 

汚いものばっかり見てきた45年。

売られたり買われたり値踏みされたりそんなもんばっかりだったけど、

もう買われることもない年齢になって、

ならばせめて誰かにキレイなモノを見せたい、

そう思うようにもなってきた。

 

大きくなったらグルッと回って子どもに戻るとはよくいうものだ。

わたしも自分のことなんかではなく、

誰かのためにそういう涙を流したい。

幸せになれるものが幸せになってな。

そう思う。

 

 

 

 

CATEGORY: 未分類

生きますの。

DATA: 2019年11月19日火曜日

自分は女としてポンコツです。

まず、はじめに、子供が産めない。

まず、それに、理由もある。

 

一度の中絶と、子宮内膜症。

原因はそれかどうかわからないけど、

先述したことに罪はあると思ってもいる。

 

不妊治療も、した。

お金が足りなかった。

自分は養子だからいけると感じて、

養子をとろうとも思った。

肩書きとお金が足りなかった。

 

でも、それ全部知って、それでもイイという彼氏さんがいる。

でも、子ども替わりに育てたフクロモモンガへの愛情を見ると、

ごめんなさい。

痛いほどそう思う。

 

SEXがしたいのは、自分のポンコツの穴を埋めるため。

わたしには子どもは産めないが、SEXをするための穴がある。

それだけがわたしが”女”として生きる意味です。

まだ女だよ、って言ってほしいんだよ!!!

どんな男でもいい、

お前、女だって、生きてるって言ってくれよ!!!

でなきゃ、女でなくてもいい、

生きている意味を、教えてくれよ!!!!!

 

昔は子どもが産めないわたしですから、

いかに早く閉経したいかと切実に願った。

でも今は生理がくるたに、まだ、産めなくても、”女”だと実感する。

 

子どもを産めない産みたくない色んな理由の女性達に思う。

現実はツラい、頑張ろうなんて死んでも言えない。

でも、穴はあるよ。

そこに、生きる意味も。

 

 

CATEGORY: 未分類

SEXですの。

DATA: 2019年9月3日火曜日

せっくすのソレは海に似る。

頭上に水面があるように、

あがいてあがいて宙を搔き、

もはや苦し気に空気を求めて首を伸ばす。

CATEGORY: 未分類

ちっす! 大阪生まれの東京くされの、四流ライターでっす!! ちょっと、ノイローゼ気味なところと、ブッチャー並の流血ぶりが、ちゃめっけたっぷりと誉められます。SEX ドラック 精神病です☆☆